弁護士へ無料で相談ができるって知っていましたか?

弁護士と聞くと相談するだけで、高額なイメージがあり、

自分にはとても無理な話だと思ってしまいますよね。

それに、自分は弁護士に相談するなんて関係のない話だと思ってはいませんか?

でも、日常生活の中で、もしあなたが、事件や訴訟に巻き込まれた時、

頼れる弁護士さんが知り合いにいますか?

そんな都合のいい話は、なかなか無いですよね。

でも、意外と、自分は大丈夫と思っていても、

ある日突然、事件に遭遇するときもあるのです。

その時に、困らないように、

無料で相談できる窓口があることを知っておいてください。

弁護士無料相談は、本当に無料なの?

どういう時に、弁護士への相談が必要になるのかを考えてみましょう。

一番多いのは、借金問題でしょう。

今は、簡単に消費者金融でお金を借りたり、無人契約機でお金を引き出してしまう若い人が増えています。

あまりにも、気軽すぎて、自分が借金をしている感覚がないのでしょう。

最初は、数万単位だったのが、気付いた時には数百万単位に返済額が膨らんでいて、驚愕してしまったという人も多いと聞きます。

借金額が返せないというと、他で借りてこいという悪質な金融会社もあり、いつの間にか多重債務者となってしまい、どうにもやっていけない人もいるでしょう。

残された道は自己破産しかないと、一人悩んでいる方もいるでしょう。

もし、悩んでいるならば、近くの自治体で、定期的にやっている弁護士による無料の法律相談会へ行ってみてはどうでしょうか。

わからないかたは、自治会へ電話をして詳しく内容を聞いて予約が必要な場合は、予約をして出向いてみましょう。

続きを読む≫ 2012/01/21 15:52:21

多重債務者にならないために気をつけよう!

悪徳消費者金融の甘い言葉に騙されないために、賢くお金を借りよう!
多重債務者とは?

最近では、カードローン、消費者金融での気軽な借金、不景気での事業の失敗などで、お金を借りる方が多い世の中になっています。

そして、借りたお金が返せずに、そのお金を返すためにまた他社の金融会社からお金を借りる、いわゆる借金の自転車操業が、多重債務者を作っているのです。

私は、大丈夫と思っていても、最近良くある話が、住宅ローンを組んでいて、会社からリストラされ返済ができなくなり、補填するためにサラ金や消費者金融からお金を借りているという人が多いのです。

その他にも、友人に保証人になるように頼まれて、その事業が失敗し、自分が債務を負ってしまった場合もあります。

もし、多重債務者になってしまったら、また同じようにお金を借りて、借金がかさむ前に、弁護士の無料相談を受けたり、近くの法律相談窓口へ、行ってみるほうがよいでしょう。

最近では、メール相談やインターネットの法律事務所サイトでの相談も受け付けているようですので、利用しましょう。

多重債務者を作り出す悪徳金融会社にご用心!

どうして、このように多重債務で苦しむ方が多いのかというと、借金で借金を返すという事を繰り返しているからです。

色々な金融会社から、お金を借りているので、いっぺんに返す事ができないで、また別の会社から借りるという悪循環に陥ってしまっているのでしょう。

減らない借金に頭を抱え、借金している金融会社を一つにまとめるほうがお得ではないのかと、勧められる事もあるでしょう。

それが、借金の一本化です。

やり方は、数社から借り入れている場合、その借入金額を、一つの会社で借り入れしたお金で返済してしまいます。

そうすれば、数社の借金は完済しますよね。

そうなると、一つの会社に集中して返済に取り組めると言う訳です。

そして、その分利息も減るので返済も楽になると言う事です。

しかし、この借金の一本化は、多額の借金をまとめて返済できる人に限ります。

すでに、多重債務で苦しんでいる場合は、到底、1社からまとめた金額を借り入れる事はできません。

そこを、悪用し、自分の会社で一本化してあげますという悪徳金融会社も現れます。

多額の利息がついたものに一本化され、利息が膨らんでいく事も考えられますので、十分注意をしましょう。

多重債務者にならないためのポイントを紹介!

あなたが金融会社からお金を借り入れる際に、無理無く安心して取引をし、多重債務に陥らないためのポイントを紹介します。

まず、消費者金融などは、簡単に借り入れが可能な分、金利も高いですので、急場をしのぐような使い方はやめたほうがいいでしょう。

安心できる大手銀行系のキャッシングを利用したほうがいいでしょう。

三菱東京UFJ銀行系のモビットは、知名度ナンバーワンです。

三井住友銀行系のアットローン、アコム、プロミスなどが有名ですね。

そして、借り入れる際に、心配な場合は、金融計算シミュレーションをしてみたほうがいいでしょうね。

資金と利息のシミュレーションでは、あなたが希望する借入金額を入力し、一定の借り入れ期間の間に利息がいくらになるのかを計算してくれるものがあります。

 

 

 

続きを読む≫ 2012/01/14 17:00:14

個人 民事再生とは、どういう事なのかを分かりやすく解説!

民事再生と自己破産の違い、メリット、デメリットを比較
民事再生とは?

個人 民事再生を知っていますか?個人債務者再生手続きは、2001年4月1日にスタートしました。

そのため、一般的に浸透していない制度では無いでしょうか。

個人 民事再生とは、どのような制度なのでしょうか。

最近不況の問題もあり、住宅ローンの支払いや、個人的な借金などによって、支払い不能に陥り、困っている方が多いようです。

その場合に、考える事は、自己破産によって借金を帳消しにしたいという事ではないでしょうか。

しかし、自己破産は、すべての財産を手放すこととなってしまいます。

あまり知られていませんが、民事再生では、すべての財産を手放す必要はないのです。

違いをよく理解し、自分の生活プランに合った方法で借金の支払い、申し立てが出来るとよいですね。

 

民事再生と自己破産の違いは?

自己破産とは、ローン支払い、借金などを、支払い不可能と裁判所が決定した場合、必要最低限の生活費や財産以外はすべて換価する変わりに、借金の支払い義務を免除することができる制度です。

自己破産の特徴としては、借金がゼロになり、新たなスタートを始められる点です。

しかし、制限されることが、多いです。

自己破産後に、新たにクレジットカードを作成したり、ローンを組む事は無理です。

不動産などは、手放さなければならなくなります。

民事再生は、自己破産と違い、家や車などの資産は手放さなくてもよいのです。

新しく不動産を手に入れて、ローン支払いが難しくなった場合は、自己破産してしまうと、家を手放さなければならないですが、民事再生なら、持ち家はそのまま自分の資産として維持し、借金の返済をします。

その場合、借金の返済額が大幅に減額されます。

 

個人 再生に必要な手続きと、条件は?

個人民事再生は、誰もが受ける事が出来る制度と言う訳ではありません。

条件としては、将来においても、継続的に収入が見込める事があります。

個人再生は、自己破産と違い、全部の借金がなくなる訳ではないので、収入のない方では、無理です。

そして、返済計画を立てなければなりません。

減額される総額は、債務総額の5分の1か100円万円が最低ラインとされています。

そして、原則として、貸金業者は、通知が行った後は、取り立てを禁止しなければなりませんが、悪質なサラ金業者などは執拗に、取り立てて来る場合があります。

精神的に追い込んでくる場合が多いそうですので、その場合には、弁護士、司法書士等に相談する事をお勧めします。

そうは、いいましても、無理な返済に陥りそうなローンや借り入れ等は、しないようにすることが、破産などをしなくて済む予防になるでしょう。

続きを読む≫ 2012/01/14 16:56:14

増え続ける個人破産、自己破産の数、現在の日本の経済に明るい兆しは見えるのか?

もし、個人破産になったのなら、メリット、でメリットは?
アメリカのサブプライムローンの影響は?

最近のニュースでの、主な経済の問題は、アメリカで起きた「サブプライムローン」問題です。

サブプライムローンとは、アメリカの低所得者向けの住宅融資のことで、その焦げ付きは、世界の金融市場に多大な影響を与えました。

アメリカでのサブプライム関連の損失は、世界全体に及んでいます。

日本もサブプライム問題の煽りを直に受けることになってしまいました。

しかし、サブプライム問題と同じような経済危機が最近日本国内でも、起こりつつあります。

サブプライム問題による世界経済の冷え込みは、日本の市場にも直接影響を与えてきているのです。

大手自動車会社も、派遣社員を大量リストラ、大手不動産会社も売れなくなったマンションを抱え倒産する事もでてきました。

この問題は、数年後にまで影響を与えるとみえ、まさに、日本経済危機に陥っています。

このまま、急に景気が良くなる兆しも見えず、消費者のほうも、買い控えが続いています。

一般家庭でも、買い物にスーパーへ行くたびに、石油製品の値段の高騰などを目にしますよね。

ここまでの消費の落ち込みは、日本経済の活性化を妨げ、買い控えをさらに、助長し、悪循環になっているのです。

いまとなっては、経済を、よくする手段も見つからず、ただ被害が最小に終わるのを待つしか手だてはないような状況です。

個人破産の急増とは?

経済危機によって、個人の破産、そして、法人の破産は年々増えているのです。

個人の破産は、経済の悪化によって、仕事をリストラされたり、カードでのローン問題、住宅ローン問題によって急増しています。

ほんの数年前までは、不動産バブルが再び盛んになって、マンションを建てれば売れるという状況が続いていました。

この頃に、マンション購入のために35年ローンなど、住宅ローンでお金を借り入れ、不景気になってきた最近に、支払いが困難になり手放す肩も増えました。

ローンを払うために多重債務に陥り、自己破産しか、道はなかった方も多いでしょう。

2003年にNHKスペシャルで放映された「個人破産〜アメリカ経済がおかしい〜」という番組は、スゴい反響だったようです。

この当時でも、もうアメリカ経済の破綻を、危惧しています。

しかし、日本で同じ問題が起きないと言えるでしょうか。

この数年での日本人の価値観も変わりました。

テレビCMでも、思う事ですが、消費者金融のCMが多いと思いませんか?今では、普通に借金をしている方が多いようです。

カードローンを組んでいる方も多いですね。

住宅ローンなども、不動産会社のコドバを鵜呑みにして、頭金なし35年ローンなどがあり得る世の中になってきました。

いくら、気軽な気持ちで借り入れができると言っても、借金である事には変わりありません。

個人破産のメリットとでデメリットを解説!

個人破産、自己破産をしてしまうと、生きてない、すべてを失うと思ってしまいませんか。

しかし、自己破産とは、支払い不可能と裁判所が決定した場合、必要最低限の生活費や財産意外はすべて換価する変わりに、借金の支払い義務を免除する制度です。

自己破産のメリットは、借金がゼロになり、新たなスタートを始められる点です。

しかし、デメリットも多いです。

自己破産後に、新たにクレジットカードを作成したり、ローンを組む事は無理です。

不動産などは、手放さなければならなくなります。

そして、あなたの連帯保証人になった方がいた場合は、その方に借金の支払いが生じます。

命は、失わずに済むかもしれませんが、そのために大事なものをほとんど失うかもしれません。

そうならないためにも、お金を借り入れる時は、よく考えてからにしましょう。

もし、自己破産などで悩んでいるのなら、一度弁護士無料相談などを受けてみる事をお勧めします。

続きを読む≫ 2012/01/14 16:51:14

借金問題で一人で、もう悩まない!

 

無料で借金相談をできる安心できる相談センターとは?

 

最近は、個人でも気軽に組めるカードローンや、住宅ローン、消費者金融での借り入れなどが簡単にできます。

 

そして、借金がかさみ、多重債務で苦しむ人やお金が返せずに自己破産するべきかを悩んでいる人が多いと聞きます。

 

やはり、借金問題で悩んでいる事は、友達や家族にも言いにくいものです。

 

友達などに話すと、皆逃げてしまうのではないか、友達を無くすのが怖い、

 

家族にも、借金を隠していたので言い出せないと言う方も多いようです。

 

人知れず、自分自身で悩み、更に悪徳な金融会社に騙されて、

 

借金がもっと増えてしまったと言う事も耳にします。

 

そうならないためにも、借金問題をできると言う事をしる必要がありますよね。

 

しかし、相談するにはお金がかかるのではないだろうか

 

そんなお金は元からないと、思いますよね。

 

しかし、無料で相談できる所も色々あるのです。

 

一人で悩まずに、一度相談してみてはどうでしょうか。

 

借金相談窓口とは?

 

借金問題を相談したい時に、まず安心して相談できる所は、弁護士のいる所ではないかと思いますよね。

 

そうです、法律事務所です。

 

弁護士相談センターと言うものもあります。

 

でも、弁護士に相談というと、お金が高そうで自分には無理ではないのかと思いますよね。

 

料金に関しては初回無料、相談に関しては無料の所が多いようです。

 

そして、本格的に手続き等を任せるのであれば、次回から有料となります。

 

まずは、相談だけでもしてみたいと言う方は、色々な法律事務所などに聞いてみるとよいでしょう。

 

お近くの市町村でも、借金問題で悩んでいる方のための相談窓口が存在します。

 

もし、気になるようであれば、市町村の町費生活センターに問い合わせをしてみてください。

 

その他にも、司法書士、行政書士の事務所でも、

 

債務処理、借金問題の無料相談を行っている所もあります。

 

ぜひ、ちゃんと資格のある所、公的に安心できる所で無料相談を受けてください。

 

たまに、悪徳な業者も存在しますのでご注意ください。

 

悪徳業者に要注意!債務整理とは、

 

債務整理とは、法律に基づいた方法で借金の整理をする事です。

 

借金の整理とは、自己破産、任意整理、個人民事再生法に分類されます。

 

そして、債務整理は、これらを選択し、借金を整理する方法ですが、

 

個人では、やり方が分からないので、通常は専門家に依頼して、債務整理をやってもらいます。

 

無料相談を受け付けている事務所などもあります。

 

しかし、注意が必要なのは、債務整理をネタに、多重債務を一本化する方法などで、

 

借金の金利を搾り取ろうとする悪徳業者も存在すると言う事です。

 

多重債務者にとって、問題なのは、色々な所から借りている借金の金利の多さです。

 

これを借金を一本化させる事で、もっと高いサラ金からお金を借りさせて、

 

お金を巻き上げたり、高額な損団料をだまし取る手口があります。

 

整理屋、紹介屋などと呼ばれています。

 

ぜひ、注意して、法律資格のある事務所での借金相談をするようにしてください。

 

続きを読む≫ 2012/01/05 17:30:05
連帯保証人で、困らないために知っておく事を紹介します。

 

連帯保証人を頼まれた時にどうすべきかを教えます。

 

連帯保証人と、聞くと、普通は、借金問題で恐ろしいものとの認識があります。

 

まず、連帯保証人について、知っておく必要があります。

 

連帯保証人と保証人は、種類が違います。

 

通常の保証人の場合は、債務者が支払いの義務を怠った場合、

 

借金の請求は保証人にはいきません。

 

先に、債務者の財産などを差し押されます。

 

しかし、連帯保証人では、債務者と同じ立場になってしまい、

 

借金の肩代わりをしなければならないのです。

 

そこが、なってはならない、はんこを押してはならないと言われている所以なのです。

 

しかし、銀行や消費者金融、信販会社などでお金を借り入れる時などは、連帯保証人が必要になります。

 

借りた本人に支払い能力がない場合、逃げてしまった場合、

 

連帯保証人へ取り立てができるようにするためです。

 

制度としては、あまりよくないと思ってしまいますね。

 

最近でも、連帯保証人制度の見直しが考えられています。

 

特に、気軽に借金をしたり、不景気で破産する方が増えている時代ですので、

 

連帯保証人が、多大な借金を背負ってしまう恐れがあるからです。

 

そして、遺産相続などで気付かない間に親の借金を相続してしまう事も出てきます。

 

住宅ローンを組む時も、連帯保証人が必要?

 

住宅ローンを組みたい場合、多くの場合は、連帯保証人が必要になります。

 

夫婦の場合は、妻が連帯保証人になる場合が多く、

 

夫になにか不幸があった時などは、自分が借金を背負わなくてはならないのです。

 

そうなると、家を手放さなければ、やっていけません。

 

そうならないためにも、団体信用生命保険、

 

通称「団信」に加入しておく事が、残りのローン支払いを免れる方法なのです。

 

どういうことかと説明すると、団信とは、融資を受けた人が加入する生命保険のことで、

 

返済期間の最中に、死亡してしまったときに、支払い不能となったローンを保険会社が

 

連帯保証人のかわりをしてくれるので、

 

ローン請求はその家族にはいかないと言う事です。

 

連帯保証人を頼む事ができない時にも、役に立つ保険だと思います。

 

もし、連帯保証を頼まれたなら、どうやって断ればいいの?

 

これだけ知っていくと、連帯保証人とは、絶対になりたくない、なってはいけないものだとわかりましたか。

 

しかし、知人に頼まれてどうしても断りきれない、

 

彼氏に頼まれて断ったら別れると言われたなど、困った状況にいる方も大勢いますよね。

 

そんな場合、どういう風に断ればいいのでしょうか。

 

まずは、気軽に話を持ちかけられても絶対にうんうんうなづいてはいけないと言う事です。

 

口のうまい人に言いくるめられてなんだか分からないうちに、はんこを押していたなんて事もあります。

 

そして、連帯保証人というのは、大変な責務である事を告げ、

 

自分にはできない事である事をはっきりと告げる必要があります。

 

もし、分からない間に連帯保証人になってしまっている時には、

 

お近くの消費者センター相談窓口などで、問い合わせるほうがよいでしょう。

続きを読む≫ 2012/01/05 16:46:05

消費者金融で多く払ってしまったお金を取り返したい!過払い金は返還してもらえるの?

 

消費者金融の過払いとは?

 

最近では、簡単に消費者金融でお金を借りる事ができます。

 

無人契約機などもあり、必要な時にお金を手に入れる事ができ、

 

若い人を中心に借金問題に苦しむ人も多いみたいです。

 

ちょっと借りただけだったのに気付いたら利子が膨らんでいて、

 

何倍ものお金を返さなければいけなくなって愕然としてしまった人も多いですよね。

 

そもそも、消費者金融などは、簡単にお金を借りれる分、

 

利子が高い事を知っておく必要があります。

 

しかし、よくわからないうちに利息に本来は、

 

払う必要のないお金がプラスされてしまっているのです。

 

その払わなくていいのに利息より多く払わされたお金が、過払いです。

 

えー、そんな事知らなかった、どうやったら過払いを返還してもらえるのかなど、

 

知らないうちに損をしてしまっていることもあるでしょう。

 

きちんと最初に知っておくべきです。

 

過払いかどうか知るためには、どうしたらいいの?

 

そもそも過払いかどうかをわかっていないと、話になりません。

まずは、利息は、利息制限法によって決まっているのです。

元本が10万円未満の場合

 

年20%元本が10万円以上100万円未満の場合 

 

年18%元本が100万円以上の場合

 

年15%でも、消費者金融などでは、制限利率を超える利息がかけられている場合が多いらしいのです。

 

これは、法律に抜け道があるせいです。

 

出資法5条2項所定の年29.2%を超えない限り、刑事罰にはならないという法律です。

 

利息制限法を超えても、出資法には違反しない範囲の利息をグレーゾーン金利といいます。

 

しかし、前記の利息制限法1条1項がある以上、

 

制限超過利息を支払った時には、

 

その返還を求めることができそうですが、なかなか難しいようです。

 

過払い金を返してもらいたい

 

過払い金と分かったら当然、返金してもらいたいですよね。

 

しかし、個人では、法律も分からず何をやればよいかわからないですよね。

 

その為に、最近は、無料で相談できる法律事務所などの開設しているホームページなどもあります。

 

自治体の相談会や掲示板での無料相談、メールでの無料相談をやっているところも、多くあります。

 

法律事務所へ直接出向くには忙しい人にとって、ネットやメールの無料相談は、サービスとしてありがたいものですね。

 

とりあえず、自分はもしかしたら、過払いをしてしまった。

 

消費者金融でトラブルにあったようだと思ったのなら無料で相談できる弁護士さんを探してみましょう。

 

今は、過払いで悩んでいる方も多いですので、

 

法律事務所などでも相談したいと思いますので、色々調べてみるとよいですね。

続きを読む≫ 2012/01/05 16:28:05

もう、自己破産で一人で悩まないで。自己破産のメリット、デメリットを考えましょう。弁護士への相談料っていくらかかるの?

 

そもそも自己破産の原因とは?

 

最近、自己破産をする人が増えている事を知っていますか?

 

理由は手軽に消費者金融や無人契約器やクレジットカードでローンを組みカード支払いの買い物をする人が増えたからでしょう。

 

CMでも、タレントが多く登場する楽しそうなイメージによって、

 

借金をするということを重大な事、

 

すぐに返さなければ大変な事になってしまうと思わなくしているのでしょうね。

 

しかし、知っておかないと、

 

消費者金融などで借りたお金は、金利が膨らみ、

 

自分が思ったよりも高額になっているのです。

 

そして、返せなくなって困ってしまう事態に陥るでしょう。

 

中には、返済に困っている人を利用しようという悪徳債務者もおり、

 

他の金融会社で作った借金をその会社の金融借金で返えさせ、多重債務者にしてしまうのです。

 

多重債務という自転車操業をしていては、借金は返すどころか、膨らむ一方になってしまいます。

 

こうなってしまうと、自己破産するしか解決する方法はないかもしれませんね。

 

そのためにも、自己破産する際のメリットとデメリットを知らなければならないでしょう。

 

自己破産のメリット、デメリットは?

 

自己破産とは、破産の決定を受けたら自分の財産を失いますが、

 

生活に必要なものは除かれます。

 

そして、すべての債務(借金など)が免除されます。

 

破産宣告後に、得た収入や財産等は、差し出す必要はありません。

 

自己破産のメリットは、借金が払えずに苦しんでいる人を救い、再び立ち直るチャンスを与えます。

続きを読む≫ 2012/01/05 16:22:05

女性特有の悩みにも答えてくれるの?女性の弁護士さんがいいのですが?

女性が弁護士さんに無料相談をしたい場合は、多くは離婚問題やセクハラ、DV問題と声を大にしては言いにくい相談ですよね。

そして、あまり人に見られたくない、知られたくない場合が多いので、

電話等の無料相談があれば助かりますね。

今は、女性のための女性の弁護士さんが運営する法律事務所や、

離婚相談を専門とする法律事務所も存在します。

 

法律事務所離婚以外でも、離婚のことを相談できる離婚カウンセラーの相談会もありますので、

離婚などで悩んでいる方は、まずは離婚専門のところを探してみる方がいいでしょうね。

悩んでいるなら、まず無料で相談をしましょう

普通の人は、法律に関しては、無知なことが多いのは当たり前なのです。

弁護士無料相談は、あなたにわかりやすく説明してくれる助けとなってくれるはずです。

最近は、オレオレ詐欺や、通信販売で多額なものを売りつけられて困っているというお年寄りも多くいます。

もし、無料相談を知らなかったら、何も知らない人は泣き寝入りし、

多額なお金を無駄にしてしまうかもしれません。

そうは、ならないためにもわからないこと、自分がしてしまったことを恥じる前に、

弁護士無料相談を利用してみましょう。

あなたにとっての解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

続きを読む≫ 2012/01/05 16:20:05

 

弁護士無料相談は、ネットやメールでもやってるの?

法律事務所などの開設しているホームページなどで、

弁護士ネットで相談会や掲示板での無料相談、

メールでの無料相談をやっているところも、多くあります。

ただし、何度も無料で相談という訳にはいかないでしょう。

あなたが本当に、相談したいことで悩んでいる場合は、その後有料での相談になるでしょう。

でも、メール有料料金も、思ったよりも安い値段で行っている場合もありますので、

色々な法律事務所であらかじめ値段を聞いておき、

本当にあなたの相談内容にあった弁護士さんに出会えた場合は、有料でも相談してみた方がよいでしょう。

 

法律事務所へ直に出向くには忙しい人や、敷居が高くて敬遠している人にとっては、

ネットやメールの無料相談は、とっかかりとなりサービスとしてはありがたいものですね。R

続きを読む≫ 2012/01/05 16:17:05